英語の能力を生かそう!英語が使えるサービススタッフ3選

ホテルのフロントで働くスタッフ

英語の能力を直接生かせる職場で働きたいと考えて転職先を探すならホテルのフロントで働くスタッフになる道があります。外国人旅行客が増えたことによって観光地では英語を話せるスタッフの募集が急務になりました。ハイシーズンになるとバイトすら雇われる地域もあります。英語が堪能で基本的な接客マナーができている人ならすぐにでも採用してもらえる可能性があるのがホテルのスタッフであり、フロントに立つと特に機会に恵まれるでしょう。

空港に勤めて連日の英語活用

外国と日本をつなぐ場所として典型的なのが空港です。空港のスタッフとして働くと実質的に毎日英語を話さなければならない状況になるため、英語を毎日話して仕事をしたいと考えたらうってつけの職場になります。空港そのもののスタッフとして接客をすることもできますが、その中に入っているテナントで働くという選択肢も選べるでしょう。連日のようにして大勢の外国人との会話が必要になるため、英語を使えることに満足できるはずです。

添乗員として海外ツアーに同行

旅行会社の添乗員として海外ツアー専門になるのも英語で話す仕事として注目してみると良いでしょう。添乗員として海外ツアーに同行すると、行き先での案内は日本語ですることになっても、現地でのやり取りは全てその現地での言葉になります。英語が使えるだけで多くの国の要所では十分であり、専門スタッフとなれば頻繁に海外に渡航することができるでしょう。英語を使える喜びがあるだけでなく、海外旅行も仕事の一環として楽しめる選択肢です。

現在、英語の転職の需要が増えています。グローバル化に対応するには英語を武器にして仕事をする必要があります。TOEICや英検などを勉強して転職を成功させましょう。