夜勤のセルフガソリンスタンドのバイトのメリットと留意点

ガソリンスタンドのバイトに対する印象

通常、私達がサービスをして頂くガソリンスタンドにおいてのアルバイトに対して思い描いている印象は、立ったままで辛そうとかオイルで汚くなるや、屋外だから夏のシーズンは暑くて冬のシーズンは寒いというきつそうな印象を持っている方も多いといえます。いうまでもなく、そういうふうな条件でしたら、たしかに辛いアルバイトといえます。しかしながら、仮にクーラーの効いた建物の中で、座って、給油しなくていい場合があります。

夜中のセルフガソリンスタンドのバイトの利点

深夜のセルフガソリンスタンドについては、日中の間の業務とは非常に大きく変わります。主要な業務は、座りつつ給油モニターを監視します。一人勤務がほとんどなので別のスタッフに気配りをする必要性がなく、客への対応もない店が多いといえます。空いている時間にスマートフォンや読書をしたり勉強に充当するなど、賃金をもらいるのに別のことに時間を利用できる店もあります。ガソリンスタンドであってもセルフで夜勤であればこういったケースがあります。

夜中のセルフガソリンスタンドのバイトの留意点

体力を用いず、効果的に時間を使用可能な夜中のセルフガソリンスタンドバイトですが、少しばかり注意事項があります。まず第一に、夜中に一人の力で業務につくには危険物取扱者乙種四類が必須と法で決まっています。国家資格ではありますが工業高校の学生が取ることも数多く、難しさはそれほどではありません。1カ月くらいの学習で合格が狙えます。加えて、深夜に自分ひとりでの業務ですので、防犯面の視点から女性の方が雇用されるのはやはり困難であるとのことです。

コンビニのバイトはただレジ打ちだけではなく、お客様の様子を見ながら品出しや掃除、発注等多くの事をこなします。