失敗しない!知っておきたい訪問介護の内容!

そもそも訪問介護ってなに?

訪問介護とは、認知症を発症している高齢者や障害者に対して、ホームヘルパーなどの資格を有した介護補助者を派遣し、在宅での生活補助をする業務をいいます。訪問介護の主な内容としては、食事の準備及び食事の補助さらには入浴や外出の補助などがあります。このような訪問介護を依頼する方は、主に自宅で介護をしている家族の方が多いです。実際に、訪問介護を依頼した場合、多くの方が介護の負担が軽減したとの解答をしています。

自分ですべてみるより訪問介護

実際に、家族が介護を必要とするようになった場合、家族みんなでその要介護状態にある家族の補助をすべきとの気風はありましたが、介護は一過性のものばかりではありません。特に高齢者の介護は数年あるいは数十年に及ぶ場合もあります。このような介護生活を続けていくと健康であった家族もだんだんと疲れが出ており、適切な介護をすることが困難となります。そこで、訪問介護のプロに依頼をすることは重要です。訪問介護のスタッフは年数が長い人も多く、様々な介護のノウハウをもっています。

訪問介護のスタッフとの良い関係性を

訪問介護のスタッフは、単なる契約した相手というだけではなく、年数が長くなればなるほど家族のような存在になります。というのも、実際には業務内容になっていないような買い物の補助やお出かけの補助なども年数が長くなり良好な関係性が築けていれば快く引き受けてくれるスタッフの方も多いです。そのため、訪問介護のスタッフは一種のパートナーだと思い、積極的に良い関係性を築くようにすることが要介護状態にある家族も含めて幸せの実現につながります。

訪問看護ステーションでは訪問看護を専門とする看護師が在籍し、在宅で患者をケアできるように家庭に訪問しながらサポートしてくれます。